『tea journey』の目的は茶道上達ではなく、「心の調和」に据えています。

どのクラスでも、一番最初に呼吸を通したティーメディテーションを行います。

そもそも人間が、その存在のなかにある真実のものや本物に近づくには、
美意識や精神的な感性に栄養を与えなくてはならず、
「茶の湯」はそのような生活にいたる道を進化させてきたと言われています。
そしてその本質はとてもシンプルで、
親しい友と集い、食事を共にして、
一服の茶を飲みながらひとつであることを楽しむだけのことなのです。

人間としての最もありきたりな営みは、
私たちをとりまく全てのものに感謝する気持ちを呼び覚まし、
心通わせ、調和することに喜びをもたらします。

普段着でテーブルにつき、ゆったりとお抹茶を喫するひとときは、
私たちの中に眠っている静けさに触れさせてくれます。
「一服のお抹茶を通して、一緒に心の旅をしませんか」
そんな思いで始めた『tea journey』。
一服のお抹茶が、皆さんの生活をより豊かにすることを願っています。

またこの活動を通じて、日本が世界に誇れる茶の湯という文化を
一人でも多くの方に親しんでいただき
その素晴らしさを再認識していただくことによって
茶の湯に関わる全ての職人・芸術家の活躍の場を
保全することに役立ちたいと考えています。


深澤里奈 / Rina Fukazawa

フェリス女学院大学卒業後、(株)フジテレビジョンに
アナウンサーとして入社し、様々な番組を担当。2004年退社。
その頃から、自己の内なる声と向き合うライフスタイルへと移行し、
ヨガや菜食などを取り入れながら、
心身の「美」に関するテーマを中心に、
各メディアでパーソナリティとして情報を発信し続けている。

中でも、15歳より稽古を開始した茶の湯に関しては、
江戸千家十世家元・川上宗雪氏のもと、
2008年茶の湯師範としての道号「深澤里雪」の相伝を受けた後、
2009年より心の調和を第一の目的とした、
着物と正座を必要としない、全く新しいスタイルの
茶の湯ワークショップ「tea journey」を立ち上げ、展開。
呼吸から始まるそのワークショップは、訪れた人々の心を穏やかにするとして、
既存のものと一線を画している。

現在メディアでの活動と平行して、毎月約5回のクラスで生徒との交流をもち、
茶の湯がもたらす心の調和、平穏を伝える活動を精力的に続けている。


企画・運営 株式会社claria(クラリア)
Listing all pages